野菜不足による懸念から生まれたグリーンスムージー

80年代から90年代にかけて、日本では世界中から食べ物が集まる世界でも類を見ない巨大グルメ国家となりました。

 

国民の多くは飲食に金をかけて、飲食番組が軒並み高視聴率を取るようになり、国民の誰もが豊かな飲食ライフを謳歌していました。

 

ところが食生活が豊かになって来ると、多くの人は好きなものしか食べなくなり、それがやがて偏食からくるあらゆる病気を引き起こすようになります。

 

それが野菜不足からくる消化器系の疾患や、アルコールの取り過ぎから来る循環器系疾患だったのです。また偏食による人体の影響で最も怖いのが肥満です。

 

80年代後半から90年代にかけて肥満は大きな社会問題になりかけていました。やはり人間はお肉よりも野菜を多く取らないと生きていけません。人が生きていくには肉と野菜のバランスの良さが重要なのです。

 

そこで効率よく野菜を摂取する方法としていかに効率的に、そして効果的に緑黄色野菜の成分を取っていくかを追求した結果、グリーンスムージーのような方法が最も効果的に緑黄色野菜の成分を取ることできる事が判明しました。

 

グリーンスムージーはビタミンやミネラル、ベータカロチンを豊富に含み、また熱を加えない事から成分にダメージを与えることなく効果的に栄養を吸収できます。

 

そして今、メタボリック体系の改善やがん予防、運動不足の人達の健康増進志向や、知識層の健康志向の高まりからグリーンスムージーが見直されてきています。

 

トップページ